広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 10月 30日 ( 1 )

昨夜は浜田省吾さんのコンサートに行ってきたのだ!
a0033428_9331458.jpg
(写真はHPからパクらせていただきました)
思わぬところからチケットを譲っていただくことになって、行って参りましたですヨ。

10/29・30・11/1と3連発をぶち上げてくださる省吾さんの故郷広島初日。

一緒に行く約束をしていた友達にまったく連絡がつかず、姿も見せないもんだから、チケットを預っていたボクは45分も待ちぼうけをくらい、開演から15分を見逃してしまうという致命的なダメージを受けてスタートしたので、ステージの盛り上がりについていける精神状態になるのにちょいと時間がかかってしまったのが残念。 & 最初の3曲くらいを聞き逃してしまったんだなぁ。

でも、省吾さんはスゴイ人でした。
ものすごいサービス精神と、
オーディエンスを大きく包み込んで場を共有させてくれる人としての暖かさ、
故郷広島への思い入れと、広島に住むボクたちとの仲間意識とかとかとか・・・

ステージは全部で3.5部構成にもなっていて、トータル3時間以上!!
ご自分でも「オレのコンサートは長いよ!覚悟して!!」と言われてたけど、確かにその通り (^^♪

もうすぐ53歳になるとしきりに言っていたけど、あの元気、あのカッコよさ、あの踊り、伸びのある独特のハスキーボイスは1度もかすれたりすることもなくて、見事にパフォーマンス仕切ったすばらしいエンターテイメントでした。


ぢつはボク、クラプトンが大好きなんです。
でも彼は50歳を過ぎてからも何度か広島にきてくれているけれど、40代のときに名古屋まで見に行ったステージから伝わってきたエネルギーが一気にダウンして、時間も曲数も少ないし、しっとり大人のバラード or ブルースばかりになってしまっているのがとても残念でした。

ミック・ジャガーさまのように、いつまでも元気でロックンロールなおっさんをやっていて欲しいと言うのはファンの勝手な妄想だとは分かっているけれど、省吾さんはそんな期待にしっかり答えてくれたなぁ。。。

正直なところ、外タレに比べて日本のコンサートはイマイチ迫力に欠けると思い込んでいたボクでしたが、そんな思い込みをドカーンと吹き飛ばし、ボンジョビに並んでトップに躍り出た省吾さんです。

まあ好き・・・という程度のアーティストとしか見ていなかった自分がちょっと恥ずかしくなっちゃって、これからはしっかり応援しちゃいましょうと心に決めたのでありました。

今日か1日に見に行く皆様、ご期待なさいませ!
目一杯楽しませてくださいますよ。
[PR]
by hirfi | 2005-10-30 09:38 | サイコー!!!