広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お客様&お友達の古川さんのお家にお邪魔した帰り、ウォンツに寄ったついでにトイレを借りて入ったら、ミョーなもの発見!
a0033428_22142468.jpg
ちょいと読みにくいんだけどね。

そんな方に・・・

「ハルンケア内服液」

当店でお求め下さい



って印刷してある
すごいトイレットペーパーじゃん!


写真は1種類だけだけど、
なんとこれ、ミシン目1つ分に様々なデザインで
延々続いているのだ!!



さらにふと上を見ると、
a0033428_22205273.jpg

あ! あんなところに新品が1巻置いてあるゾ。

うううう 欲しいよぉ
こんなトイレットペーパー見たことないよぉ
薬局専用のめっちゃレアものだぁ・・・・


なのに 小心者のボクは、
狭苦しいトイレの中
携帯でパチパチ撮るのが精一杯。
(十分怪しいけど)


あれください! と明るくお願いすることも出来ず
黙ってお腹にぐいっと突っ込んで知らん顔していただくことも出来ず

かなり悔しい思いをしながら帰ってきたのでありました。
[PR]
by hirfi | 2006-02-16 22:37 | びっくり!
今日はあの「バカの壁」が大ブレークした養老猛先生の
「バカの壁 ~~脳科学から見る人材育成~ 」

という商工会議所の会員講演会に行ってきたのです。

まずは会場となったリーガロイヤルホテル会場についてびっくり!
月曜日の午後だというのにまぁ ワンサカワンサカ 人がいることいること。
やっぱりメジャーな方は強いなぁと 感心してしまったのだ。
とは言え 40代後半以上の方がやはり多かったかな。

昭和12年生まれと言われていたので今年69歳になられる養老先生、でも、お顔も声も張りがあって若い!
口ではご自分のことを「ジジイ」「ジジイ」と言われてたけど、とてもエネルギッシュ。

そしてお話しの方は・・・
かなり唐突な感じのスタートだったのね。

自分は昭和12年生まれであることから始まったお話しは、まずこれまでの人生で衝撃を受けた3つの大きな出来事を紹介されました。
1:昭和20年8月15日
2:大学紛争
3:オーム事件

「人の世は変化している、でも変わらないものもある」
次におもむろに書かれたのがこの絵。

a0033428_219276.gif
なんだか訳の分からない話しだぞ・・・?

細かく説明するとものすご~く長くなっちゃうんで省略するんだけど、養老先生という方は凡人と全然違う観点からものを見ておられるんだな。

で 長らく解剖学の教授として東京大学の教壇に立っておられた先生が、オームのサリン事件が起きる2~3年前、自分の学生の1人がやって来て直立不動で、
「我が尊氏(この字でよかったっけ?)が、今度 山中湖の湖底に1時間滞在するという修行をするので、ぜひとも教授にお立会いいただきたくお願いに参りました。」
というようなことを言ったらしい。

養老先生これにはものすごいショックを受けたのですって。
天下の東大の、しかも医学部の学生が、ものすごく大真面目に、人間が1時間水中にいることが可能だと思っている・・・・ この事実。

時代が変わるにつれ、日本人が少しおかしくなってきていることを感じておられたんだけど、オーム事件はその異常さの象徴として感じられたみたい。

そこで先生はオーム事件からまもなく教授の座を退かれ、1年ほど
「なぜ 日本人はこうなってしまったのか?」 をずーーーっと考えたのだとか。

今の日本では「概念」がどんどん広がって、ある分野についてあるカテゴリーを決めると、そこにあてはまる様々な個々の事象はみんな「同じ」ことになってしまう。
1人1人の人間は全部違うのに、ある言葉でくくると「同じ」ことになってしまう。

本来違うものを、誰もが「同じ」のが普通だと思わされているから、何かが「正しい」ことで、それ以外は正しくないことだというような価値観になってしまっているから、そこに人は絶望して自殺者が増え、働くことを拒否しはじめているのだと。

個性とは元々その人に備わったものであって、伸ばしたり育てたりするものではない。

例えば 走るのことが早かったり遅かったりするのは個性だけど、走るのが遅いと後ろからライオンが襲ってきた時には最初に食べられちゃうかもしれないけど、もしかしてゴールにライオンがいたら、最初に到着した人から食べられることになる。

早く走れることが常にいいことではないということをきちんと教えてあげることが大切なのではないか・・・・ というあたりがボクのハートには一番コトンと落ちた言葉でした。

話されている内容はものすごくおもしろかったけど、切り口が分かりにくいからか居眠りしてしまっている人が意外と多かったのにビックリでした。

養老先生の話し口って、誰かに似ているなぁ・・・ と思いながら聞いていて思い出したのが風水の小中先生。
小中先生のセミナーも、唐突な結論とかちょっと理解不能な話から始まって、「なんじゃ?」と思っているとこれまた全然関係なさそうな具体例とかに話が飛ぶんだけど、落ちはしっかり最初の話に戻るというブーメラントーク。

何度かセミナーを聞かせていただいてかなりこの手の話の流れに慣れていたので、今日はとっても楽しく講演を聞くことができたのです。
頭のいい人って、こういう話し方なのかしらん??

改めてもう1度バカの壁を読み直してみようと心に決めたボクだったのでした。
[PR]
by hirfi | 2006-02-13 23:23 | 自己啓発
2月19日(日)、起業・創業に関するお悩み解決のためのセミナーが開催されます。
起業、独立、創業 フォローアップセミナー特集!!

秋に商工会連合会の創業塾をお手伝いしたご縁で、ボクにも講師の依頼がありました。

起業・創業したけれど・・・
起業・創業したいけど・・・

あまりに初歩的で聞きにくいこと
どこの誰に聞いたらよいのか途方にくれていること ナドナド

遠慮なくなんでも聞いちゃってくださいませ という公開相談会です。

通常この手のセミナーは個別相談が多いんだけど、今回は公開相談会なので、自分が見落としていたあんなことやこんなことにも気づかせてもらうチャンスありです!

事前申込みが必要なので、詳しくは以下でご確認くださいネ!


◆お問合せ先 ◆
   広島県商工会連合会 シニアアドバイザーセンター
   担当:正月谷 孝幸(しょうがつたに)
   広島市中区大手町 3-3-27
   TEL:082-247-0221
   FAX:082-249-0565

詳細はこちら
[PR]
by hirfi | 2006-02-07 15:33 | 素敵な仲間

買っちゃった!

突然ですが、複合機買っちゃった!
a0033428_12192156.jpg


最近書類作成関係の仕事が多くて、コピーが欲しかったのよね。
昨日デオデオに記念品もらいに行ったついでに、ちょっとコンプマートを覗いてみたら、
なんと!

MP790というこの機種、通常店頭価格59,800円なんだけど、店頭品限りで半額になっているのを発見してしまったのダ!

らっき~。。。 (*^_^*)

デオデオカードのポイントも溜まっていたから、実質15,000円くらいで手に入ったじょ。

これでかすれがちだった安物FAXともおさらばじゃ!
FAXくん、4年間ありがとうね。


それにしても、1人の事務所にプリンタが3台。

モノクロレーザー(一番良く使う、お仕事用)
A3対応のインクジェット(カラー印刷用、時々会社案内や封筒など大物印刷)
今回の複合機(主にコピーとFAXとして使用予定)

使う目的が違うし、事務屋という仕事柄やむを得ないとは思うんだけど、やっぱりちょっと贅沢しちゃったかなぁ・・・
[PR]
by hirfi | 2006-02-06 12:32 | サイコー!!!

秘蔵写真

ホホホホホ。
すっかり忘れていたけど、ショーゲキの写真があったのだわ。

これは去年の12月15日、廣島・非凡会!での出来事。
詳しくはきのぴーのレポートを見てね。 ↓↓↓
第八回 廣島・非凡塾。のレポート出来たでのー! HG(笑)

ちょっと危ないネタなので、画像は目一杯小さめにしておきます。 (>_<)
a0033428_1275354.jpg


でも、ちょっと顔が逃げてるよなぁ・・・これって。

あああ これで二人ともお婿に行けない体になってしまったかも。
ゴメンよ~  でも この画像独り占めはちょっと悪いかなぁとおもっちゃったんだもん。
許してチョ!
[PR]
by hirfi | 2006-02-06 12:09 | びっくり!