広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨夜は浜田省吾さんのコンサートに行ってきたのだ!
a0033428_9331458.jpg
(写真はHPからパクらせていただきました)
思わぬところからチケットを譲っていただくことになって、行って参りましたですヨ。

10/29・30・11/1と3連発をぶち上げてくださる省吾さんの故郷広島初日。

一緒に行く約束をしていた友達にまったく連絡がつかず、姿も見せないもんだから、チケットを預っていたボクは45分も待ちぼうけをくらい、開演から15分を見逃してしまうという致命的なダメージを受けてスタートしたので、ステージの盛り上がりについていける精神状態になるのにちょいと時間がかかってしまったのが残念。 & 最初の3曲くらいを聞き逃してしまったんだなぁ。

でも、省吾さんはスゴイ人でした。
ものすごいサービス精神と、
オーディエンスを大きく包み込んで場を共有させてくれる人としての暖かさ、
故郷広島への思い入れと、広島に住むボクたちとの仲間意識とかとかとか・・・

ステージは全部で3.5部構成にもなっていて、トータル3時間以上!!
ご自分でも「オレのコンサートは長いよ!覚悟して!!」と言われてたけど、確かにその通り (^^♪

もうすぐ53歳になるとしきりに言っていたけど、あの元気、あのカッコよさ、あの踊り、伸びのある独特のハスキーボイスは1度もかすれたりすることもなくて、見事にパフォーマンス仕切ったすばらしいエンターテイメントでした。


ぢつはボク、クラプトンが大好きなんです。
でも彼は50歳を過ぎてからも何度か広島にきてくれているけれど、40代のときに名古屋まで見に行ったステージから伝わってきたエネルギーが一気にダウンして、時間も曲数も少ないし、しっとり大人のバラード or ブルースばかりになってしまっているのがとても残念でした。

ミック・ジャガーさまのように、いつまでも元気でロックンロールなおっさんをやっていて欲しいと言うのはファンの勝手な妄想だとは分かっているけれど、省吾さんはそんな期待にしっかり答えてくれたなぁ。。。

正直なところ、外タレに比べて日本のコンサートはイマイチ迫力に欠けると思い込んでいたボクでしたが、そんな思い込みをドカーンと吹き飛ばし、ボンジョビに並んでトップに躍り出た省吾さんです。

まあ好き・・・という程度のアーティストとしか見ていなかった自分がちょっと恥ずかしくなっちゃって、これからはしっかり応援しちゃいましょうと心に決めたのでありました。

今日か1日に見に行く皆様、ご期待なさいませ!
目一杯楽しませてくださいますよ。
[PR]
by hirfi | 2005-10-30 09:38 | サイコー!!!
今日はアントレ・ハウスの有志でパワーランチならぬ
ヒルドン!
があったのです。

ザ・どん(丼) 広島パルコ店をやっている ㈲鎌屋 の鎌谷社長のご好意で、くそ忙しい昼時に店内の約1/3を占拠し、入れ替わり立ち代りでまずは 丼を楽しみました。

ボクは遅れて行ったのでとても慌てて食べたので、おいしかったビビンバねぎとろ丼の写真を取り忘れました。 とほほ。

食後はお隣のニューズデリに移動して、お茶をしながら鎌谷さんからのプレゼントやクイズを楽しみました。

鎌谷さんからのクイズの問題は・・・
「ザ・どん 広島パルコ店 では工場精米後何日のお米を使っているでしょうか?」
というものだったのですが、どうもこれには正解者なし。

そこで第2問、
「今日の ザ・どん 11:00 オープンから 13:00 までの来客数は何人?」

ということでしたが、回答はなんと、97人!!
a0033428_20261215.jpg内輪で一番近い回答は税理士に見えない税理士 菊池さんでした!

鎌谷さん、なんと3位までプレゼントを用意してくださっていて、1位の菊池さんにはご覧の通りザ・どん オリジナルどんぶりが賞品として渡されました。

2位と3位の賞品はお食事券でした。

続いて、主催者 アーバンプロデュースの青木さんから、ヒルドン!メンバーの ザ・どん 店内占拠率クイズの正解者発表!

こちらはなんと39% ということで、1位はみすわの山本さん。
体脂肪を落とすキャンディー(だったと思う) が景品で、オオウケでした。

なんとびっくり 19人ものメンバーが集まり、楽しいランチのひと時を過ごさせていただきました。

丼とお茶を合わせても1000円ちょっと程度だったのに、たくさんの割引券を下さった鎌谷さん、ホントにありがとうございました。

今度は友達を誘って行きますね!!
[PR]
by hirfi | 2005-10-24 20:33 | 素敵な仲間
友達の船崎さんが去年はじめて書籍出版の夢をかなえたことをブログでも報告してましたが、なんと1年もたたないうちに2冊目の本を出版してしまったのダ!

a0033428_9221296.jpg
しかも、先月 この本は フタバ図書でランキング1位になったんだって!!
フタバ図書さんでランキング1位!

遅ればせながらようやく話題の本を手に入れて読んでいる途中ですが、これがまたおもしろいのです。

今回の本は広島の地で多数の企業再生を成し遂げてこられたSPCGことスカイ・パートナーズ・コンサルティング・グループの実績の中から5社の実話をもとに、船崎さんが取材を重ねて執筆されたものだそうです。

今 4話までを読み終えたところですが、どの会社もバブルのよき時代から不況になり、流通革命や金融機関等の激しい変化にギアを変え損ねて失速し、あわや・・・という時にSPCGと出会い、方向性をきちんと指導してもらうことで経営者が一気に目覚め・努力して会社を立て直したという話です。

う~ん、こう書いてしまうとなんだか身も蓋もない、面白みのない話に見えてしまうなぁ・・・(失敗)

職業柄かもしれないけれど、私が「これはおもしろい!」と思い、この本というか多分SPCG代表の加藤先生と船崎さんが一貫して主張しておられるように感じたのは、

企業は経営者次第で、どのようにも変わることができること
良い経営者は、強い信念と行動力を持っていること
さらに、その信念と行動力が生み出す「勘」が、絶妙のタイミングで運と人脈を呼び寄せていること

という3点だったのです。

ここに登場する経営陣は、きっかけがどうであれ自社の弱点に対するプロの評価・改善点への提案などを率直に受け入れ、問題をはっきり認識した途端に改善に向けてガンガン動き始めます。

感謝と熱意と信念で周囲の理解と協力を得て再生していく企業は、1社1社が1冊の本になりそうなほどのドラマに満ちています。

まだ経営者としては駆け出しのボクだけど、大きなヒントをいただいたような意味深い1冊です。

近頃流行の 「***で○○になる!」というようなビジネス本もそれはそれでいいけれど、ノンフィクションでしか伝えられないものを伝えてもらえる、こんな本を書かれた船崎さんに拍手喝采を送ります。

ぜひ みなさん読んでみてくださいね!!
[PR]
by hirfi | 2005-10-23 09:22 | びっくり!
昨日 以前非凡会でもセミナーをしていただいていたプレゼンテーション・コンサルタントの田中省三さんが、個人的に広島で2回目のセミナーを開催してくださいました!

日常生活でも役立つ、プレゼンテーションの極意とは・・・?

今年 6月23日に1度教わっていたにも関わらず、4ヶ月足らずの間にすっかり自己流のやり方に戻ってしまい、せっかく教えていただいていたことの大部分を忘れていた自分に愕然としてしまった2時間でした。
とほほです。

それにしても田中先生、大サービスの巻でした。

鎌倉土産のお菓子は全員分配ってくださるし、
ファイル2冊分の資料つきだし、
広島特別オプションの必殺ノウハウを公開してくださるし、
最後にとんでもないおまけを全員にプレゼントしてくださるし・・・!!!

あっという間の濃くて熱~~~い2時間あまり、そしてその後の懇親会でした。

ランデブーでこじんまりとアットホームな雰囲気で盛り上がった懇親会、
自宅にいたきのぴ~を呼び出してアンティークに繰り出しカラオケ三昧
(なんと、あの、小中先生が「ダンシング・オールナイト」を熱唱!)、
さらに小中先生イチオシのお好み焼き「夢屋」でお好み焼きとギネスビールのミスマッチというフルコースで3時まで楽しんでしまいました。

田中先生&小中先生、連日深夜までお疲れ様でした。
2日続けてご相伴させていただいて、めちゃめちゃ光栄でした。
心理や哲学の専門家のお二人の会話は時々難しすぎてチンプンカンプンのこともありましたが、ぼんやりと伝わってくるイメージを必死に追いかけて聞かせていただきました。

そして、今日 田中先生はさっそく受講者にフォローメールをくださっています。

続き・・・
[PR]
by hirfi | 2005-10-22 01:14 | 自己啓発
10月15日 ご近所の名物焼き鳥屋さん 「しあわせのたね」 が4周年を迎えました!!

マスター、オメデトー!! パチパチパチパチ・・・ v(●^o^●)v

お祝いが遅くなってごめんちゃいでした。
& リンク張ってもらってるのに、反応しなくて申し訳なかったです。 m(_ _)m

近頃バタバタしていて飲みに行く余裕がないんだけれど、通りがかりにとりあえずお祝いだけ言えたので、近々また時間ができたときに寄らせてもらうことにします。

なんたって最近は朝6時までやっちゃってるんだからスゴイ!!

色々あった昨年を乗り越えて、今年は一段と頑張っちゃってくださいネ。
[PR]
by hirfi | 2005-10-18 10:49 | ご近所ぐるめ
すっかり秋らしくなった今日、広島ではフードフェスティバルという大掛かりなお祭りが広島城周辺でありました。
そして、広島城の入り口、RCCの手前あたりでは、中学生と高校生による「全国プレゼンテーションコンテスト」、通称「プレコン甲子園」が1日がかりで行われたのです。

ボクのお客様のところがこの事務局をやっているので、今日はボクも(どこでも会計係の)助っ人で1日行ってきたのだけど、おもしろかったですよぉ~。

それでは、ボクの長い1日を・・・

今朝はなんと集合が6時半! ということで5時起きです。
起きた時は真っ暗でしたが、家を出る頃には外が明るくなり始めて・・・
a0033428_22234752.jpg
郵便貯金ホール手前の橋を渡りかけたころには、とてもきれいな朝焼けが始まっていました。


a0033428_2227106.jpg 会場についた頃には、まるで空が燃えているかのような勢い!
祭りが始まる前のガランとした街との対照が印象的でした。


a0033428_22403751.jpgこれは早朝のリハーサル風景。
午前中は 「プレコン甲子園Jr.(ジュニア)」ということで 中学生によるプレゼンテーションのコンテストでしたが、リハーサルの頃は出演者もスタッフも緊迫感が最高潮でした。


a0033428_22432489.jpg中学生の持ち時間は1チームたったの3分。

でも、お茶の水博士ならぬ「泥の水博士(実は女の子)」が登場したり、

a0033428_2383481.jpgマトリックスばりにサングラスで身長も揃えた男の子たちによる調理実演&審査員への試食までやってしまったチームがあったり、中国5県から集まった10チームのパフォーマンスはなかなかもので楽しませてくれました。

午後は高校生によるプレコンです。
持ち時間も5分に延びましたが、さすが高校生!

フードフェスティバルにちなんで「食」をテーマに、北は山形県から西は山口県まで、範囲もぐっと全国に広がった10チームは、どれも非常によく吟味された内容でした。

一般企業の新商品開発同様に、マーケティング&市場リサーチから地元の名物を生かしつつ斬新で思いがけないような食べ物アイディアを満載し、笑いを交えながらの思わず「こりゃすごいや!」とうならされることが多い、あっという間の時間でした。

中学生の頃からこんな風に考えて発表する機会があれば、いやでもビジネス感覚が多少はみについてくるなぁ。
近頃の子供は・・・ という批判もよく聞くけれど、今日の子供たちのように素晴らしいものを持って、素直に明るく頑張っている子たちもたくさんいるのよね。

最近の様々なニュースで、これからの日本についてはとっても悲観的に考えていたボクですが、まあ それほどでもないんだぁ・・・ と こちらも夢を与えていただいた気がしています。

かなり疲れたけど、めちゃめちゃ有意義な1日が過ごせて大満足のボクだったのでした。。。
[PR]
by hirfi | 2005-10-16 22:16 | サイコー!!!

日本海の夕焼け

広島ですっかり仲良くなっていた友人のシドちゃんが、北海道にUターンして独立しました。

なんと 広島⇒札幌 2,200キロ以上に及ぶ長旅を一人車を運転して、あちこち挨拶回りしながら移動していたようで、その様子が 全国各地のうまいもの情報 と一緒にブログになっていてとてもおもしろかった。
仙台から秋田へ

で、トラバしたこの日、彼は今までの太平洋側コースからなぜか日本海側に抜けているのですね。

この日本海の夕焼けが懐かしい!!

プロフィールにも書いてますが、ボクは三重県松阪市で生まれて3ヶ月で新潟県の直江津(現在の上越市)という町の隣にある大潟町というところに引越し、高校卒業までと、24歳~26歳の3年間を過ごしました。

今もこの町に両親と姉の一家が住んでいるし、ここがボクの故郷です。

で 女の子のクセにめちゃめちゃヤンチャ&お転婆だった小学生の頃のボクは、外を遊びまわってちっとも家に帰らないもんだから、母親に

> 門限を日が沈むまでにします。
> それまでに帰ってこなかった家に入れない!!

という恐ろしいルールを決められてしまったのです。

以来 沈む夕日と必死で追いかけっこする毎日が始まりました。

夕日は、沈み始めるとなぜか加速度がついたかのようにスピードを上げて、みるみる海に姿を隠していきます。
油断してまだ大丈夫だろう・・・とのんびりしていると、ほんのちょっぴりの間に半分以上が水平線に沈んでいることも度々です。

なにせ広い田舎で防風林やら砂浜やらまで出かけていって遊んでいるんだから、家まで結構距離があって遠い遠い・・・ (=_=)

短距離は苦手だったけど、長距離なら学年10位前後に食い込めていたのは、この毎日の夕日との追いかけっこのおかげかもしれません。

こんな毎日を過ごしたおかげで、それまであまり気にしていなかった 海に沈む夕日 がボクにとって特別なものに変わっていって、大好きな原風景になりました。

とても懐かしくて大好きな景色に出会えて嬉しかった。
シドちゃん ありがとネ!

P.S. 
今にして思えば、ちょうど拉致被害が多発していた頃の新潟の海岸でした。
「怖いおじさんに攫われるから、海岸に言ってはいけない」 と 母親が口を酸っぱくして言っていたのは本当だったのですよね。
いやはや 攫われなくてよかったなぁ・・・  (^_^;)
[PR]
by hirfi | 2005-10-11 17:41 | 大好き!!

復活!!

なんとほぼ丸2ヶ月もの間お休みしてしまいました。
いつも見に来てくださる皆さん、ごめんなさいでした。

10月に入り、ようやく仕事も一段落。
気分が落ち着いてきたので、またブログを復活することにします。

セミナーに追いまくられた2ヶ月間、結構きつかったです。
昼間セミナーをやって、夕方から普段のお客様のところに顔を出して、夜帰ったら翌日のセミナーの準備・・・ という日が続いて、生活のサイクルが変わったら、メールやブログへの意識がすごく低くなっちゃったのが我ながら驚きでした。

それと、久し振りの長期セミナーだったから体がしんどかった! (T_T)
毎日足がパンパンでジンジン。
そのうち腰やら首・肩までしんどくなってきて、最後の頃は ホワイトボードに板書する手が上がらなくて往生しました。

あまりの運動不足が祟ったようです。
ということで 今月から思い切ってスポーツクラブに入りました。
その話はまた 今度ゆっくり・・・ですね。

とりあえず まずは 復活のご挨拶!
どうぞこれからまた よろしくお願いします!!
[PR]
by hirfi | 2005-10-10 11:51 | あれこれ