広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最高においしい店発見!!(かなり高いけど)

相棒のボーナスが出たってことで、以前から自慢していたお店に連れて行ってもらいました。
楽飲食「昌や」っていう小料理屋というかちょっと高級な居酒屋というか、この手の店はあまり行かないのでなんて呼んだらよいか良く分からないんだけれど・・・

とにかくおいしいんです。
素材厳選、料理もすごい!! シンプルだけどうまいぞ!!!

では この日に食べたお料理をご紹介しませう。

まずは 冬瓜の含め煮を冷たーく冷やし、生の水ナスをそえた前菜。
冬瓜の緑が鮮やかで、夏らしい。
薄味で絶妙のいいお味です。
これからどんなものが出るのか、楽しみだぞ!

続いてお約束のお造り盛り合わせ。
あわび・さざえ・とり貝+いかとうに、さらに鱧(はも)を香ばしくさっとあぶったもの。
さざえととり貝も軽くあぶってあったんだけど、貝ってさっとあぶるとすごくおいしくなるんだね!

ここで 大将との話でボクが
「鱧をあまりおいしいと思ったことがない」
と言ってしまったもんだから、彼が発奮してしまいました。

a0033428_864231.jpgその結果がこれ!!
携帯のヘボいカメラなのが残念だけど、なんと鱧のしゃぶしゃぶなのだ。
しかもおませなマツタケまで添えられちゃってるし。
早いマツタケのことをなんやらというと名前を聞いたのに、忘れちゃったなぁ。


a0033428_8101671.jpgかわいいお鍋が沸騰したら、さっそくシャブシャブシャブ・・・

をを!
鱧が花開いてきれいだぞ!!


a0033428_813557.jpgポン酢があるけど、何もつけなくてもブリうまい!!

はい大将。
ボクが悪かったです。
鱧ってとってもおいしいです。

マツタケもシャブシャブしてカボスを絞ったらめちゃめちゃおいしかったです。

はぁぁ  天国じゃあ・・・


a0033428_8191161.jpgカウンターの横に並ぶこの甕が気になってねぇ。
なんとこれ、泡盛なんだって。

エキゾチックな蓋が愛らしいでしょう。
ついつい誘われて一杯いただいちゃいました。

43度というめっちゃ強いお酒なんだけど、これがまたまろやかでおいしい!!
ついついググッと飲んでしまいそうになるのをこらえるのが大変でした。

そしてメインのお肉はすっごい霜降りのステーキ。
大将も「すごい霜降りでしょ、うまそうでしょ、楽しみにしててね」と楽しそうです。
これだけは少し濃い目にお味がついていて、いったいここは和食の店なのか、フランス料理店なのかと思いたくなるようなお味。

はぁぁ もう どうにでもしてっていう感じ・・・・

最後に目の前でバッテラをささっと握ってくださって、これがまたサイコー!!!
サバ寿司好きのボクは、大阪方面に出かけると必ず買って帰るんだけど、サバ寿司が嫌いな相棒はめったに食べないのに、「これならワシでも食える、こんなサバ寿司買ってきて」だって。

こんな贅沢なサバ寿司なんて、買って帰れるわけがないっちゅうのにネ。

とにかく何を食べてもおいしくて、まだ若くて話もめちゃめちゃおもしろい大将が目の前で次々に作ってくれる料理を見ながら食べられるのがサイコーです。

この日は二人で16,000円あまり。
なるほどボーナスが出た時でないと奢れないお値段でした。 
ご馳走になりましたです。(^_^.)

------------------------------------------------------------
さて、この「昌や」 場所が分かりにくい、知る人ぞ知るっていう感じのお店。
ホントは自分の隠れ家で内緒にしておきたいところだけど、あまりにおいしいのでぜひ皆さんにも食べてみていただきたい!

値段が値段なので気軽には行きにくいけれど、「ここぞ!」という時に行ってみてね。

a0033428_839026.jpg地図はこちら・・・
クリックすると大きくなるヨ!

住所は 広島市中区本川町2-2-11
電話が 082-296-5543 

何曜日が休みか聞き忘れちゃったので、心配な方は電話して聞いてくださいね。

最近仕事が立て込んできている上に暑くてばて気味だったけど、「昌や」のおかげですっかり元気を取り戻したボクだったのでした。。。
[PR]
by hirfi | 2005-07-26 08:45 | ご近所ぐるめ

恋人よ・・・by 野沢尚

いやぁ 泣いちゃいました。
野沢尚さんの「恋人よ」というかなり長めの小説です。

a0033428_8505668.jpg幻冬社文庫から上下2冊組みで出ているんだけど、下巻の90%はずっと泣きながら読んじゃいました。
あまりに泣くもんで鼻水までダラダラになるし、読みにくいし、目は腫れるしでもう大変。

小説・コミック・映画にドラマと何を見ても読んでも感情移入が激しいボクはすぐに泣いてしまいますが、ここまで泣いたのは久しぶりです。

同じ日、同じ時間にかの椿山荘で結婚式を挙げる2組の夫婦の結婚式当日から始まって、一見平和で幸せな2組の家庭の裏にドキドキハラハラがいっぱい隠れているのです。
恋愛・家族・不倫・裏切・・・そして後半は意外な展開で、全680ページほどを一気に読んでしまいました。

-------------------------------------------------------------
作家であり、映画やドラマの脚本家としても大活躍された野沢尚さんという方を意識したのは、昨年6月、彼が自殺したというニュースが流れた時でした。

「破線のマリス」という小説があることは知っていたけどなんとなく読む機会がなくて、その作家にも興味を持ったことがなかったんだけど、大活躍しながらも自殺するほど繊細な神経な持ち主はどんな小説を書くのだろう・・・?
というかなり不謹慎な好奇心から最初に手にしたのは、当然一番有名だった「破線のマリス」。
そう、まんまと出版業界の罠にはまってしまったのです。

この本を読んだ衝撃も、マイブログに書いてましたね。。。

その後 次々と野沢さんの小説が文庫化されるのを順次読むうちに、いつの間にかすっかりファンになっているボクです。

ちょっと屈折した暗いものを内に抱えてる気配を漂わせながら、抜群の文章力+表現力に加えて、いつも2ひねり半くらいされている構成力に圧倒されます。
そして、文章がすごくいいのね。
この人は日本語がすごく好きだったんだろうなぁ・・・っていう気がしてしまう。

本ばかりでなく、映画のほうも今度は見てみようと思っている近頃のボクなのです。
[PR]
by hirfi | 2005-07-24 08:57 | オススメBOOK

梅雨明け

気象庁から梅雨明けが発表されましたね!

確かに今日はどうみても夏空。
日差しの強さが 先週とは格段に違う気がします <乗せられやすいボク

今年は雨が少なかったなぁ。。。
降るときは思い切ってザンザンぶりだったけど。

梅雨の終わりの大雨や雷がまったくないまま夏になっちゃうというのは、どうも季節感がなくていけません。
やっぱ夏の始まりと終わりはきっちり雷が鳴らないとなぁ・・・と思ってしまうボクなのでした。。
[PR]
by hirfi | 2005-07-18 13:03 | あれこれ
a0033428_12511894.jpg
新しいエアコンが来たのだ!!
見てみて! カッコいいでしょ!!! (●^o^●)

今までボクの家についてたのは、職人さんも「う~ん いつ頃のヤツかな。。。。」と言葉を濁すくらい骨董品のようなクーラーだったのです。
(写真撮っとくの忘れちゃったのよ、失敗)

そう、エアコンではなくクーラー。
冷房しかできないヤツ。

しかも、リモコンが壊れていて、つけたり消したりすることだけはできるけど、設定は一切変更できないという代物でした。

だから冷やす時はガンガンに冷やすのみ!!
しかも電気代がとても高い。

ボクの家は4階建ての最上階でしかも窓が多いので、夏はとても暑いんです。
真夏になると、1日外出して夜帰ってすぐエアコンをかけても、部屋が快適な温度になるのは11時を過ぎた頃・・・ という状況だったから、家にいる時間が短い割にはえらく電気代がかかっていたのだけど、今年は思い切って買っちゃいました。

お客様のフジタ建材さんから、3日間限定の超破格値のお知らせをいただいて 即 飛びついたけど、大正解。
(^^♪

ふふふ これで快適な夏が過ごせるぞ~

頑張って稼がなくちゃネ!
[PR]
by hirfi | 2005-07-16 13:06 | サイコー!!!
最近ベストセラーを連発、TVでも大活躍の明治大学教授斎藤孝先生。

前々からすごく気になっていて何度も本を買おうと思っていたのに、あまりに著作が多くて「これ!」って決められないままにいたのですが・・・

a0033428_152350.jpgつい最近 AMAZONで他の本を買ったとき、ふとこの「働く気持ちに火をつける」 というタイトルが目についたので買ってみました。

いいですよ、この本!
なんだかすごく元気が出る本です。

正直なところ、最近仕事のことでずっと悩んで暗くなっている親友の一人のことが頭にあって買ってみたんだけど、何が何が、自分自身に最高の刺激を与えてくれる本でした。

プロローグだけでも、

◆人は社会の中で役割を欲しがっている
◆社会の中で、他社に働きかける技を1つでも2つでも持っていること、それが真の自由だ
◆今の社会に本当に必要なのは、癒しではなくエネルギーを発散させる場だ
◆自分で自分に火をつけるのは難しい
◆人は誰かに期待されたときにこそ、エネルギーが湧いてくる

等々 一々 「そうそう!その通り!!」 と言いたくなるキーワードが目白押しです。

斎藤先生の働く呪文は
ミッション!
パッション!
ハイテンション!


気持ちがふさいだとき、乗らないとき、この呪文を掛け声にして自分を上機嫌にできる呪文なんですって。
ボクもやってみよう!

この本の中には自分を元気に、上機嫌にして楽しく働くためのノウハウがてんこもり。

当たり前だけど無意識にやっていたこと、気づいていたけど知らんふりしようとしていたことなどがどんどん具体的に出てきてとても楽しく読めるし、1つ2つならすぐやれそうなことが多いからボクみたいなずぼらな人でもやれそうな気になってしまうこと請けあいます。

ちょっと最近 たるいんだよね~ なんて方、ぜひ読んでみてくださいね!
[PR]
by hirfi | 2005-07-14 01:08 | オススメBOOK
前回の5月23日は早々に満席になってキャンセル待ちだった 廣島・非凡会!。
大好評だった前回の様子は こちらを見てね↓↓↓
廣島非凡会のレポートを頼まれたんよ。

廣島・非凡会が1年半の期間限定プロジェクトとして、「志」を立てるためのさまざまな自己啓発セミナーを開催しはじめてはや1年、残すところ半年となりました。

次回も満席になっていたのだけど、偶然にも数名のキャンセルが出て急遽空席がいくらか出ています。

残り半年となった次回は、前回の田中省三先生の「コミュニケーション力」に続いて、自分を表現する新たなノウハウ 「質問力」セミナーです。
開催予定は今週土曜日、もう目前に迫っています。

詳しい予定&お申し込みは こちらから ↓↓↓
 廣島・非凡会 ホームページ 


まだ申し込んでなかった方、チャンスですよ!!
あなたのために、空席ができました。

この日はちょうど土曜日です。
日ごろ 仕事が忙しくてセミナーなどになかなか参加できない方も、この機会にぜひ、参加してみてくださいね。

では セミナー当日 受付でお会いしましょう。 (*^。^*)
[PR]
by hirfi | 2005-07-13 00:28 | 自己啓発

ムカツキ・・・その後

昨日は久々に思いっきりむかついたことを書きましたが、夜 友人にこの件を話していたら目一杯怒られちゃいました。 (>_<)

ボクの対応が最初から間違えてるって・・・

彼女いわく、最初に6時過ぎまでに来なかった時点で会社に電話をするべき。
むかついたからと2日間放置して、結局その無能な配達員に電話をするなんて意味がない。
いやな思いをしたのは自業自得じゃ! etc.etc.

と コテンパンでした。 トホホです。

どうもボクはこういう対応がヘタクソで、一人でムカツキながら適切な手が打てず、尚更ムカツクことになるという悪循環を産んでいるらしい。

愚痴を言ったつもりがけちょんけちょんに怒られて、シュンとしてしまいました。
チェッ! (T_T)


それはそれとして、やっぱり一流と二流三流の違いは大きいのかなぁという気がします。

最近 ヤマト・佐川あたりの従業員教育では、
 爽やか & 細やかな接客を前面に出してきてますよね。

早い、便利、適正価格は既にあたりまえ。
一歩前に目を向けて、一人一人の従業員が 一人一人の顧客にプロとして好感度の高いサービスを提供しようとしています。

伸びている企業は従業員教育がしっかりしてますね。

一方 二流・三流になると価格面での競争が精一杯で従業員教育まで手が回らないから、こんなことが多分あちこちで起き、結果としてどんどん悪循環にはまっていくのではないでしょうか。

ボクの事業はとんでもマイクロサイズだけれど、中身だけはプロのサービス業でありたいと心がけているつもりですが、時々自営業のわがままがでちゃう。 (>_<)

人の振り見てわが身を振り返ることが多い、近頃のボクなのでした。。。
[PR]
by hirfi | 2005-07-12 09:12 | あれこれ
偶然が重なり、先週の金曜日は午後事務所にこもって仕事をしつつ、宅配業者3社からの荷物を待つ事になりました。

午後早い時間でお願いしていたので、2社は2時過ぎには荷物の受け取りを完了、あと1社を残すのみ。
夜は予定があったので、「6時半過ぎくらいまでは待ちます」と言っていたのだけれど。。。

天気が良くて明るかったので、思わず仕事に集中していてふと気づいたら、すでに 7時15分くらいになっていたのです。
慌てて着替えて外に飛び出して出かけたのですが、バスに乗ってから気がついた。

あれ? 荷物が来なかったなぁ??
連絡もなかったなぁ・・・

この時点でむかつき度がすでに1。

会食を終えて帰ってみたら、不在連絡票が玄関にはさんでありました。
なんと、来たのは 8時!! (=_=)

しかも 殴り書きで 「電話ください」 だとぉ。。。

ここでむかつき度が6くらいまでアップ!

むかついたから土日 仕事で忙しかったのもあって電話せずに放置していたんだけど、驚いたことに連絡もなければ届けにも来ていないもよう。

ムカツキ度は ほぼ満タン状態で、先ほど仕方なく電話しました。
せっかく頼んだトナーだし、万が一仕入先に戻ったら担当くんに申し訳ないもんね。

ほんと、態度いいんですよ。この配達員さん。
明日は昼前から午後3時過ぎまでなら 事務所にいますと言ったら、

「うちはねぇ、廿日市から出てるんですよ。
昼から出たら観音の方とか回っていくとどうしても夕方遅くなるし、
お客さん一人のためにルートを変えるとスケジュールがガタガタになっちゃうんだよね」

そして 最後に とても恩着せがましく
「昼前なら 11時半くらいにそちらに回るようにしてあげますよ。
 それならおってんでしょ?」

ムカムカムカ・・・・プチプチプチ・・・・・(何かが切れる音)

爆発寸前でした。
もう少しで
「あんた いい加減にしなさいよ!!」 
と罵倒してしまいそうだったけど、こんな人に文句を言うだけ無駄だと思って我慢しました。

宅配屋さんって、ものをお客様に配達するのが仕事なんじゃないんですか?
それを請け負ってお金をいただいているんじゃないですか?
確かにお金を払っているのはボクじゃなくて出荷元だけれど、
自分の都合に合わないのはまるでボクが悪いかのように言うのはおかしいでしょ?

少なくともボクは、この宅配業者は決して2度と使うまいと思ってしまったのでありました。

*------*------*------*------
今 怒りが少し納まってみると、わが身を振り返ってしまいます。
ボクも時々 お客様に自分の都合を押し付けてしまうことがあるのです。

お客様にはお客様の都合があるのは重々承知しているつもりでも、時に こちらの方が偉そうに恩着せがましく言ってしまうことがあるなぁと、思わず胸に手を当てて反省しています。

気をつけよう。
ボクが忙しいのはボクの勝手。
ちょっと忙しくなったからっていい気になってはいけないぞと
神様が反省のチャンスをくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ って書いていたら なぜか今 人相の悪いおっさんが荷物を持ってきました。
明日って言っただろうがよ! (-_-;)
たまたまいたから良かったけど。

やっぱりめちゃめちゃ態度も悪かったです。

やっと落ち着いてきたムカツキ度がまたまた上がってしまいました。
ヤレヤレ
[PR]
by hirfi | 2005-07-11 12:09 | あれこれ
天の底が抜けたような大雨も中休みの今日、結構暑かったですね。

今日は己斐のお客様のところに行っていたのですが、お昼は西広島バイパスを降りてすぐのところにある「ロイヤルホスト」で食べました。

ここでたかだか1時間の間に、ちょっとした出来事があったのです。
ピンチをチャンスに変える接客術、これぞ接客のプロだと感動してしまったので、ちょっとご紹介を。。。

今日このロイホでは厨房で何かトラブルがあったようで、料理が出てくるのにとても時間がかかっていたのですね。

ボクたちは話し込んでいたのでほとんど気にしていなかったんだけど、考えて見たら高々チキンカレーが出てくるまでに10分ほど、次の天丼が出てくるまでにさらに10分ほどかかっていたのだから かなりものでした。

多分このせいで入り口付近もとても込み合っていたし、ウェイトレスさんも走り回りながらあちこちで 「大変お待たせして申し訳ありません」 とペコペコ謝っていたし、ボクたちが気にしていなかっただけで、ぢつはかなりの惨状だったようでした。

で 食べ始めてしばらくしたころ、店長さんらしき 30代のシェフスタイルの男性が全部のテーブルを回りながら、
「本日はお忙しい中をせっかくお越しいただきましたのに、
大変お待たせいたしまして申し訳ございません。
どうぞお帰りの際にこちらをご利用ください。」
と、各テーブルに 10%オフの割引券を置いていました。

これはスゴイ! はじめて見たぞ!
  と この段階でボクはかなり感心していました。

でも、これだけじゃなかったのです。

あとから追加でドリンクバーをオーダーしようとしたら、
「ご迷惑をおかけしておりますので、珈琲ぐらいいくらでもお飲みください」
と言ってくれるし、

多少店内が落ち着いてから入って来る新規のお客様には、ウェイトレスさんが一人ずつに
「××の事情で今日は料理をお出しするのに時間がかかりますが、
それでもよろしいでしょうか?」
と事情を説明して、もし「じゃあいい」と帰る人いた場合にも 割引券らしきものを渡して何度も謝りながら出口までお送りするし・・・ という状況。

普通なら一人や二人パニック or ヒステリックになりそうな状況にも関わらず、4人ほどいるウェイトレスさんは全員ちゃんと笑顔を浮かべながら、心底申し訳なさそうに一生懸命接客をしていました。

当然 ボクたちが帰るときも、レジに着いてから出口を出るまでの間に5~6回は「ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした」と謝っていただきました。

何があったのか詳しい状況はわからなかったけれど、このスタッフ全員が必死に謝り倒している姿を見ていたら、誰も怒ることなんてできないですよね。

多分 ほとんどの人が 
 「待たされたけど、感じが良いお店だった」
 「あそこなら、トラブルのない日はもっと気持ちよくランチが食べられそうだな」
とか 好印象を抱いて帰ったのではないでしょうか。

ピンチをチャンスに変える接客、ここにあり!

良い場面に居合わせていただき、逆に少し感動してしまったボクでした。

ロイヤルホストの己斐店のみなさん、今日はお疲れ様でした。
プロの接客をありがとうございました。

また食べに行きますね!
[PR]
by hirfi | 2005-07-07 00:47

ずぶぬれ・・・

a0033428_1749839.jpg久々にいかにも「梅雨」というお天気になりましたね。

いやいや 久々に水も滴るいい女。。。ってか 全身ずぶぬれになりました。

今日は雨だろうと思ったけれど、どうしても途中寄ってお届けものをしないといけなかったのでやむを得ずチャリチャリ移動していたら、案の定どしゃぶりになりました。

たまたま今日は予定より早く仕事が終わったので、ずぶぬれのまま帰ってシャワーを浴びちゃったのです。

既にさっぱり、ビールを飲んでいるボク。。。
これって自営業の醍醐味ですね。 >^_^<

雷がしきりにゴロゴロ鳴っています。

ようやく梅雨シーズンが到来でしょうか。

ここ2~3日の蒸し暑さの中をチャリチャリで移動していると、所々とんでもなく熱気が漂っていたりして、なんだかお風呂の中かサウナの中をチャリチャリ走っている気がしていました。
あまりの熱気に気分が悪くなりかけたりしていた数日間でした。

雨が降るとチャリチャリ移動ができなくて不自由だけど、涼しいから許してあげよう。
しっかり大地に水分を与えてくださいね。
[PR]
by hirfi | 2005-07-01 18:01 | トホホ