広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:びっくり!( 33 )

70歳の手習い

昨夜 実家に送るためのパソコンをセットアップしました。

ボクの父は昭和5年生まれの74歳だけど、ボクがパソコン教室の先生をし始めた平成元年頃に、
「俺もパソコンを使ってみたい!」
と言い出したので、当時確か20万くらいのパソコンに15万くらいのドットプリンタをセットにして送ってあげたのがことはじめでした。
(もちろん、お金はもらったけど)

さすが昭和1桁の人で、父はあれからずっと フロッピーベースの一太郎VER.4を大事に大事に使ってコツコツと自分史を書き溜めてきていました。

そして、昨年冬に頚骨の手術をした母(71歳)は、これまでは触れようともしなかったらしいけど、誰に聞いたか パソコンはボケ防止と指のリハビリに良いんだと言い出して、これまた昔ボクがあげたフロッピーベースのゲームを、今年になってからせっせとやっているらしいのです。

急に使用頻度があがったために、ロートルのパソコン(なんとMS-DOS!)も悲鳴を上げたらしくて、父がとうとうパソコンを買い換えると言い出しました。

とうとう彼らもWINDOWSデビューです!

父はともかく、母は70の手習い・・・ちゃんとマウスが使えるんかいなと少々心配ですが、実家に同居している姉夫婦や高校生の姪がいることだし、まあ なんとかしてくれるだろうと期待しつつも、念のために本屋で大きな字とイラストがいっぱいの入門書を買ってきてしまいました。

でもね、すっかり早寝になってしまった両親とは、電話するにも時間帯がなかなか合わないし、それこそ リハビリがてら ボクとメールで近況報告しあったり、このブログを見てもらったりするのもいいかなぁ・・・なんて 思うのですよね。

実家は新潟なのでボクもなかなか帰れないし、親もそうそうは遊びに来られない距離だから、メールができるようになってくれるとボクとしてはすごく嬉しいし、なんだかとっても楽しみなのです。

それにしても、70にしてまだそんな好奇心&チャレンジ精神があるなんて、さすがボクの両親! 褒めてあげます!!

というか あんな両親の子供だから、こんなボクができたのでしょうね。

さあて 母からメールが届くのはいつのことでしょうね。
もうなんだか 今から ワクワク ドキドキ しちゃうボクなのでした。
[PR]
by hirfi | 2004-08-08 20:44 | びっくり!
いやはや驚きました。

今日はとんでもないものを見てしまった。

夕方 そろそろ渋滞し始めた裏道で、信号待ちの時に後続車をなにげに見ていると、運転席の男性がやおら車を降りて、後部シートからなにかと取り出します。

ややや!
あれは  一升瓶  ではないか!!!

見間違いかも・・・と思いつつもう 後ろが気になって気になって、
すっかり「家政婦は見た!」 状態で ミラーから目が離せません。

運転席に戻ったかの男性、なにやらゴソゴソゴソゴソ動いています。
でも ダッシュボードの陰でよく見えない・・・う~ん 何してるんだろう・・・

と そこで 確かに彼は ビンからアルミカップのようなものに液体を注ぎました!

本当に飲む気かなぁ・・・

ああああ  呑んだ!ぐいっと呑んだぞ!! 

しかもお代わりしてるし・・・

しょえーーー 土手の一本道で片側一車線で、確かにおまわりさんはいなそうだけど、すごい、すごすぎる~~~~

と ボクは1人車の中で大騒ぎしてしまいました。

ビールらしき缶を飲みながら運転してる人は見たことあったけど、さすがに一升瓶はねぇ。

あきれるというか ちょっと尊敬するというか なんというか・・・ 

道交法が改正されても、つわものはやっぱりつわものなのね。
罰金なんて全然気にしてないんだろうなぁ・・・

写真撮りたかったけど、見つかってイチャモンつけたれたら怖い・・・とか思う小心者だったので あきらめました。
[PR]
by hirfi | 2004-08-04 22:56 | びっくり!
「はなくそまんきんたん」は、どこの方言?

お友達の きのぴー のブログは楽しい!


さっすが盛り上げ名人って言う感じの小技がビシビシ効いてて、ついつい覗きにいってしまうんだけど、ここで数日前から話題になっているのが
「はなくそまんきんたん」

という言葉。

ボクには子供の頃 大好きだった松阪のおばーちゃんによく聞かされた当たり前のフレーズだったんだけど、みんな知らないんだなぁ・・・
っていうか、これって子供特有の「えんがちょ」みたいなものになってるみたいね。

正確には 「鼻くそ まるけて 萬金丹」と言って、これはちゃ~んと歌になっています。

子供の頃 胃腸が弱くて年中お腹が痛かったボクは、何かあるといつもこの歌を歌いながら「萬金丹」を飲まされていました。

「まるけて」=まるめて って意味で、まるで鼻くそを丸めたような黒い小さいまん丸の丸薬で、1度に10粒くらい飲まされていたような気がするなぁ・・・

今回調べて初めてわかったけど、萬金丹は伊勢市にあっためっちゃ老舗の漢方薬らしい。

お伊勢参りが大流行した江戸時代、旅人が起こす様々な腹痛に何でも効く万能薬として一世を風靡した サクセスストーリーがあったみたいです。

お伊勢には、他に「赤ふく」のサクセスストーリーがあるよね。

最初 自分だけがこの言葉を知ってるって ババアなのか・・・?
と ちょっと不安になったけど、偶然にも出身地に関係があったと知って、少しだけほっとしました。

めちゃめちゃ優しくて大好きだったおばーちゃんの優しい声と笑顔を思い出して、ちょっぴりおセンチになっちゃうボクなのでした・・・
[PR]
by hirfi | 2004-08-04 09:03 | びっくり!