広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自己啓発( 15 )

昨日は廣島・非凡会!の第2ステージ廣島・非凡会! 実践編の第1回目。

これまでのセミナー形式から打って変わって、今度の「非凡会 実践編」は、各自がプレゼンテーションを行い、参加者全員がそれについて意見交換をしてよりよい実践のためのアドバイスを受けながら、6ヶ月間で自分がどこまで変われるか、どこまで実践できるかチャンレンジするというホントに「実践」のためのステップなのだ。

参加者ブルボンさんのブログはこちら

今回 参加者は約40名。
この仲間で6ヶ月間実践を進めていくんだけど、プレゼンを行って実践する人が約半数で、残りの人は「オブザーバー」となっている。

ボクは「どうせやるなら踊らにゃ絶対損!」だと思っているし、
更に「どうせ踊るなら早く踊った方が目立つし、注目してもらえるじゃん!」と思っているし、
もひとつ「期間限定なら、早く踊った方が長く踊れるじゃん!!」とも思ったので、
初日の昨日、さっそく発表をさせてもらいました。

初日のプレゼンテーターは7名。
プレゼンの順番を決めるときがおかしかった。
進行の八納さんが「最初にやりたい人は?」と聞いたとき、1人を除いた6人が「はい!」と手を上げたのだ。(*o*)

さすが 初日に発表しちゃろうと思うメンツだ・・・と思いつつ、手っ取り早くジャンケンで順番きめ。
あとで思ったんだけど、1番に発表できないなら最後がいいね。
あっさり「私は最後でいいですヨ」と言って席に戻っていった世根村氏は、ひょっとしたらすごい策略家かもしれない・・・と翌日になって気がついたボクでした。

みんな良いプレゼンだった。
プレゼンのうまい・ヘタとか、人前で話しなれているかどうかという点は多少あったけれど、誰もがみんな「熱い」と思った。
自分がやりたいこと、やろうとしていることに対して 心から情熱をささげて、愛しているからこそ迷い、助言を乞おうとしている、その真摯さに打たれてしまったなぁ・・・

自分のプレゼンについても会場でもいくつか指摘もあったし、懇親会の場でも多くのアドバイスをいただいた。

ボクの事業プランはかれこれ3年くらい暖めてきたものだし、一度は賞をいただいたもののバージョンアップ版なので完成度は高くて当然だと思っている。
逆に 今回時間がなくて手を抜いた部分をキョーレツに指摘され、非常に悔しかった。

本心では 「 しまった、ちょっと舐めすぎだった・・・ 」 と大いに冷や汗をかく場面だらけだっと白状します。 (~_~;)
そして今、ボクの実践への一番の障害は
慢心
だなと気づいてしまった。

やっぱりテキは本能寺、自分に一番近いところにいたんだ!

どんなに立派な事業プランを描けても、実行することができなければそれは絵空事。
ボクはいつの間にか自分自身で自分の足元に落とし穴を掘って、そこにはまろうとしていることに改めて気づき、ゾッとした。

足元を掬われる(自分が掬う場合でもそう言うんだろうか?)寸前で気づくことができて、ホントに良かったなぁ。
実践編に参加させてもらってホントに良かったなぁ。
初日発表を選んだおかげで早く気づかせてもらって、ホントにホントに良かったなぁ・・・

ボクはまだ神様に愛されている。
まだ、間に合う。
今日から心を入れ替え、初心に戻って頑張ろう。
いい気になるなよ、ぷく!

実践会の皆さん、こんなイヤなヤツですが、これから半年どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by hirfi | 2006-05-19 09:29 | 自己啓発
今日はあの「バカの壁」が大ブレークした養老猛先生の
「バカの壁 ~~脳科学から見る人材育成~ 」

という商工会議所の会員講演会に行ってきたのです。

まずは会場となったリーガロイヤルホテル会場についてびっくり!
月曜日の午後だというのにまぁ ワンサカワンサカ 人がいることいること。
やっぱりメジャーな方は強いなぁと 感心してしまったのだ。
とは言え 40代後半以上の方がやはり多かったかな。

昭和12年生まれと言われていたので今年69歳になられる養老先生、でも、お顔も声も張りがあって若い!
口ではご自分のことを「ジジイ」「ジジイ」と言われてたけど、とてもエネルギッシュ。

そしてお話しの方は・・・
かなり唐突な感じのスタートだったのね。

自分は昭和12年生まれであることから始まったお話しは、まずこれまでの人生で衝撃を受けた3つの大きな出来事を紹介されました。
1:昭和20年8月15日
2:大学紛争
3:オーム事件

「人の世は変化している、でも変わらないものもある」
次におもむろに書かれたのがこの絵。

a0033428_219276.gif
なんだか訳の分からない話しだぞ・・・?

細かく説明するとものすご~く長くなっちゃうんで省略するんだけど、養老先生という方は凡人と全然違う観点からものを見ておられるんだな。

で 長らく解剖学の教授として東京大学の教壇に立っておられた先生が、オームのサリン事件が起きる2~3年前、自分の学生の1人がやって来て直立不動で、
「我が尊氏(この字でよかったっけ?)が、今度 山中湖の湖底に1時間滞在するという修行をするので、ぜひとも教授にお立会いいただきたくお願いに参りました。」
というようなことを言ったらしい。

養老先生これにはものすごいショックを受けたのですって。
天下の東大の、しかも医学部の学生が、ものすごく大真面目に、人間が1時間水中にいることが可能だと思っている・・・・ この事実。

時代が変わるにつれ、日本人が少しおかしくなってきていることを感じておられたんだけど、オーム事件はその異常さの象徴として感じられたみたい。

そこで先生はオーム事件からまもなく教授の座を退かれ、1年ほど
「なぜ 日本人はこうなってしまったのか?」 をずーーーっと考えたのだとか。

今の日本では「概念」がどんどん広がって、ある分野についてあるカテゴリーを決めると、そこにあてはまる様々な個々の事象はみんな「同じ」ことになってしまう。
1人1人の人間は全部違うのに、ある言葉でくくると「同じ」ことになってしまう。

本来違うものを、誰もが「同じ」のが普通だと思わされているから、何かが「正しい」ことで、それ以外は正しくないことだというような価値観になってしまっているから、そこに人は絶望して自殺者が増え、働くことを拒否しはじめているのだと。

個性とは元々その人に備わったものであって、伸ばしたり育てたりするものではない。

例えば 走るのことが早かったり遅かったりするのは個性だけど、走るのが遅いと後ろからライオンが襲ってきた時には最初に食べられちゃうかもしれないけど、もしかしてゴールにライオンがいたら、最初に到着した人から食べられることになる。

早く走れることが常にいいことではないということをきちんと教えてあげることが大切なのではないか・・・・ というあたりがボクのハートには一番コトンと落ちた言葉でした。

話されている内容はものすごくおもしろかったけど、切り口が分かりにくいからか居眠りしてしまっている人が意外と多かったのにビックリでした。

養老先生の話し口って、誰かに似ているなぁ・・・ と思いながら聞いていて思い出したのが風水の小中先生。
小中先生のセミナーも、唐突な結論とかちょっと理解不能な話から始まって、「なんじゃ?」と思っているとこれまた全然関係なさそうな具体例とかに話が飛ぶんだけど、落ちはしっかり最初の話に戻るというブーメラントーク。

何度かセミナーを聞かせていただいてかなりこの手の話の流れに慣れていたので、今日はとっても楽しく講演を聞くことができたのです。
頭のいい人って、こういう話し方なのかしらん??

改めてもう1度バカの壁を読み直してみようと心に決めたボクだったのでした。
[PR]
by hirfi | 2006-02-13 23:23 | 自己啓発
昨日 以前非凡会でもセミナーをしていただいていたプレゼンテーション・コンサルタントの田中省三さんが、個人的に広島で2回目のセミナーを開催してくださいました!

日常生活でも役立つ、プレゼンテーションの極意とは・・・?

今年 6月23日に1度教わっていたにも関わらず、4ヶ月足らずの間にすっかり自己流のやり方に戻ってしまい、せっかく教えていただいていたことの大部分を忘れていた自分に愕然としてしまった2時間でした。
とほほです。

それにしても田中先生、大サービスの巻でした。

鎌倉土産のお菓子は全員分配ってくださるし、
ファイル2冊分の資料つきだし、
広島特別オプションの必殺ノウハウを公開してくださるし、
最後にとんでもないおまけを全員にプレゼントしてくださるし・・・!!!

あっという間の濃くて熱~~~い2時間あまり、そしてその後の懇親会でした。

ランデブーでこじんまりとアットホームな雰囲気で盛り上がった懇親会、
自宅にいたきのぴ~を呼び出してアンティークに繰り出しカラオケ三昧
(なんと、あの、小中先生が「ダンシング・オールナイト」を熱唱!)、
さらに小中先生イチオシのお好み焼き「夢屋」でお好み焼きとギネスビールのミスマッチというフルコースで3時まで楽しんでしまいました。

田中先生&小中先生、連日深夜までお疲れ様でした。
2日続けてご相伴させていただいて、めちゃめちゃ光栄でした。
心理や哲学の専門家のお二人の会話は時々難しすぎてチンプンカンプンのこともありましたが、ぼんやりと伝わってくるイメージを必死に追いかけて聞かせていただきました。

そして、今日 田中先生はさっそく受講者にフォローメールをくださっています。

続き・・・
[PR]
by hirfi | 2005-10-22 01:14 | 自己啓発
前回の5月23日は早々に満席になってキャンセル待ちだった 廣島・非凡会!。
大好評だった前回の様子は こちらを見てね↓↓↓
廣島非凡会のレポートを頼まれたんよ。

廣島・非凡会が1年半の期間限定プロジェクトとして、「志」を立てるためのさまざまな自己啓発セミナーを開催しはじめてはや1年、残すところ半年となりました。

次回も満席になっていたのだけど、偶然にも数名のキャンセルが出て急遽空席がいくらか出ています。

残り半年となった次回は、前回の田中省三先生の「コミュニケーション力」に続いて、自分を表現する新たなノウハウ 「質問力」セミナーです。
開催予定は今週土曜日、もう目前に迫っています。

詳しい予定&お申し込みは こちらから ↓↓↓
 廣島・非凡会 ホームページ 


まだ申し込んでなかった方、チャンスですよ!!
あなたのために、空席ができました。

この日はちょうど土曜日です。
日ごろ 仕事が忙しくてセミナーなどになかなか参加できない方も、この機会にぜひ、参加してみてくださいね。

では セミナー当日 受付でお会いしましょう。 (*^。^*)
[PR]
by hirfi | 2005-07-13 00:28 | 自己啓発
なかなか良いタイトルのセミナーに行ってきました!
もちろん、タイトルだけでなく内容もバッチリ良かった!! v(*^_^*)v

アントレ・ハウスや非凡会ですっかり仲良しになった建築家の八納さんや広島eマガジンというメルマガを発行している船崎さんなどが「お勧めのセミナーだよ!」って教えてくれたので、行ってみたのです。

講師は占いの世界では知る人ぞ知る「三原の小鳥のおじさん」、小中健瀧先生です。
(チラシのフレーズをそのままパクらせていただきました)

理気の会という、小中先生とともに風水を学ぶグループの主催でした。

ボクは元々運命とか運気とかいうものが「ある」と信じているのね。
自分の生を見守り、時にはコントロールしている目に見えない絶対的な意志のようなものがあって、これを自分なりの「神さま」と表現しているんだけど、最近は多少 自分の神さまとのコミュニケーションが取れるようになってきたのかなという気がしているわけ。

もっと上手に自分の「神さま」とコミュニケーションを取れるようになりたいなぁ・・・という漠然とした思いと、このセミナーの内容がバッチリマッチして、ツボにはまっちゃいました。

風水とか四柱推命とかって興味はあったんだけど、どうも怪しく感じていたのが、人それぞれいろんなバックヤードを持って生まれてきているのに、なんで
 「××の方角には、○色のものを置くとお金持ちになる」 とか
 「××年に生まれた人は、今年こんなことがある」 とか
言えちゃうのかな・・・・  というのが不思議でしょうがなかったのね。

でも、小中先生の話では、方角・時間等々には本来それぞれの性格というか傾向があるけれど、あくまでもそれは その人とその人の環境etc.との組み合わせの問題で、自分本来の運気に合うかどうかはいちがいに言えるものではないし、今の様々な占いや風水などは本来組み合わせて統合的に分析して活かすべきものをバラバラにやっているから、ウソではないけどホントでもないという状態だって説明してもらって、目の前の霧がさあっと晴れた気がしたのです。

ボクもこれから理気の会の風水勉強会に参加してみて、もっと自分の神様としっかりコミュニケーションを取っていけるようになっちゃおうと思っているのです。

ちなみに 小中流には 神様とのコミュニケーションがうまく取れている状態を「シンクロ」と読んでるんだって。 英語のシンクロニシティ。

自分の運気を最大限活用できるようになると、様々な場面でたくさんのシンクロが起こって、俗にいう「ツイてる」状態になるってこと。

ふふ どんなことになるのか楽しみだね。 (^_-)-☆
[PR]
by hirfi | 2005-05-28 14:36 | 自己啓発
4月23日、待望の第4回非凡塾が開催されました!

今回は感動3兄弟から感動プロデューサーの平野秀典さんと、一緒に野球観戦をした一里塚華劇団の団長さんの講演です。

a0033428_12181231.jpg例によってボクは受付担当スタッフなので後半の平野さんの40分程度しか生講演が聞けなかったんだけど、それでも思わず心打たれて涙してしまうようなすばらしい講演でした。

心憎い演出で、セミナーの最後にお二人が全参加者にハガキ大のカードを配り、一人一人握手してくださったのです。


a0033428_1217519.jpg

しかも、セミナー後希望者全員にサイン会まで開いてくださるサービスぶり。

徹底したエンターテイナー振りを見せていただきました。


そして、夜もいい加減更けた10時ころから始まるのが恒例の懇親会です。
今回は初めての中華料理。
丸いテーブルを囲んで、楽しく・ためになる会話が弾みます。


a0033428_12232442.jpgこれはテーブル脇で撮った記念写真。


a0033428_12252610.jpgそして2次会は団長さんのたっての希望で広島お好み村へ!

最後にあまりの暗さに写真を残さなかった3次会は、往年のロック喫茶のような穴ぐら風の怪しげな暗~い店に繰り出し、ガンガンのロックに乗って踊りまくりました。
次の日体が痛かった・・・とほほです。


家にたどり着いたのは午前5時頃だったけど、まだ続きがあります。

翌日 平野さんが朝9時の新幹線で帰京されると聞き、ボクたちはハッピーサプライズをプレゼントしようと企てていました。

朝のお迎えには代表一人が行き、新幹線の改札口までお送りしたあと、スタッフの女性3名がホームで待ち構えていたのです!!


a0033428_12331916.jpg前夜時間が遅いからと平野さんがあきらめられた広島風お好み焼きのお土産を手に駆け寄るボクたちに、さすがの平野さんもびっくり!
ピカピカの笑顔で新幹線に乗り、帰っていかれました。
眠い目をこすりながら出かけた甲斐があったゾ!

次の非凡塾では何をしようかと、だんだん楽しくなってきたボクなのでした。。。
[PR]
by hirfi | 2005-05-01 12:39 | 自己啓発

田中康夫知事の講演

先週土曜の4月16日、周南市(元の徳山市)に信州・長野県知事の田中康夫氏が来られると聞いて行ってきました。

日刊周南新聞社という地元の新聞社の創刊20周年イベントで、1300人入るという会場はほぼ満員・・・どちらかというと年配の方が多かったかなぁ。
約2時間のセミナーはほんとにあっという間で、信州・長野県がここ数年何を目標にどうやって1つずつ問題点を解決しながら累積赤字を解消してきたかを聞かせていただきました。

時折TVで見かける田中康夫知事はいつもものすごく明快で気持ちいいなぁと思っていたけれど、講演でもその真価を発揮しておられました。
数字やどこそこの町(村)の誰々さんという個人名を具体例にどんどん上げながら、実に分かりやすく解説をしていかれるので、とっても政治オンチのボクでも十分理解し共感できるものでした。

講演後 出口で参加者の一人一人に名刺を配り(1枚ずつデザインが違っていてカワイイ!)
握手してくださったとても気さくな田中知事は意外と小柄な方でした。

その後 思いがけず普段の自分とは異次元の世界を垣間見ることができて、とても楽しくて不思議な1日だったのでした。。。

a0033428_15395323.jpg

3枚も名刺をいただいてしまったミーハーなボクだったのです
[PR]
by hirfi | 2005-04-19 01:03 | 自己啓発
長らくご無沙汰してしまいました。

怒涛の確定申告シーズンをどうにか乗り切り、ヨレヨレになりながらこれまで後回しにしていた仕事を片付けている毎日です。

そんな中、昨夜は第2回 廣島・非凡会!  があり、メルマガ「がんばれ社長!」でおなじみの武沢先生に名古屋からお越しいただいて、実践型のワークショップを行っていただきました。

ボクはいつも受付担当なので、セミナー自体はほとんど受講することができません。

非凡会代表の小田さんが運営されている e-講演.tv というセミナー視聴サイトで後からじっくり見せていただけるようになったので、安心して受付に専念できるのです。 (^^♪

毎度 非凡会には向学心に燃えた方が多数参加されます。
セミナーが約2時間、その後 遅い時間にも関わらず7割の方が懇親会にも参加されて、ほとんどの方が深夜12時近い最後まであれこれ話をして盛り上がります。

武沢先生が来られる非凡会が2回、他の講師をお招きする非凡塾が3回と 既に5回も実施しているので、ほぼ毎回参加してすっかり顔なじみになった方も、今回初めて来られた方も皆さんもとても明るい顔で元気に帰っていかれるのがとても印象的。


今回 ある方にとても嬉しい感想をいただきました。

    僕はあちこちの自己啓発セミナーに参加しているんですけど、
    ××のセミナーは、とても厳しくて辛い。
    ○○のセミナーは、ぬるくって馴れ合いの感じがする。

    廣島・非凡会!は何度参加しても、
    いつも楽しくて、実践的で、元気にしてくれる。

    こんな自己啓発セミナーは初めてですよ。
    これからも楽しみにしていますね!




嬉しかったですね。
運営サイドにいて、こんなに嬉しいコメントはない。
スタッフ冥利につきると思いました。

こんな風に喜んで下さる方がいるから、次も頑張ろうと思えるんですよね。
ボランティアでも、仕事の後 準備でほとんど寝る暇がなくても、すてきな笑顔と元気にたくさん出会えるから、こんな幸せな事はないと思っちゃいます。

昨日来てくださった皆さん、どうもありがとう!
また来月、楽しく・ためになって・元気になれる時間を過ごしましょう!!
[PR]
by hirfi | 2005-03-19 15:04 | 自己啓発
昨日 11/19 はボクたち 廣島・非凡会! 開催の第2回 非凡塾

「あなたが本当にやりたいことをやるために!」
~縛られず・こだわらず・愉快に生きるポイント~


というテーマで、山内総研の山内博晶先生に講演をしていただきました!

いつも定員オーバーになる非凡会のセミナーですが、今回も多くの方が参加してくださいました。
a0033428_10574620.jpgこれが会場の一番後ろから撮った全景です。



a0033428_11104835.jpg山内先生のセミナーはとにかくテンポがいいですね。
3分おきに笑いを誘い、前の方の席の方の名前をどんどん呼んで、話しかけて、講演の中に参加者をグイグイ引っ張りこんでいってしまうそのテクニックは素晴らしいものでした。

長らく広越グループの常務として現場指導にあたり、飲食店のスタッフ養成を行ってこられたからこその極意を見たような気がしたのは私だけではないでしょうね。 (^^ゞ

もちろん、お話そのものも具体的・実践的でありながら暖かくてきちんとメッセージがある、人が人として生きていくために必要なポイントを改めて確認させて頂きました。

そう、主にビジネスの場面での例を出してお話されていたのですが、ほんとに副題の通り、縛られず・こだわらず・愉快に生きるための大切なことをたくさん思い出させていただけたのです。

そんなセミナーの中で、おもしろかったのがこれ!

a0033428_1171186.jpgこれ、なんだと思います??
元気を出すための1つの方法 & 眠気覚まし で途中でやったのは、両手をまっすぐ上に伸ばして、お腹のそこから「あーー!!」と息の続く限り大きな声を出しながら後ろにそっくり返るというもの。

あんまりやると怪しいから・・・ということで1回限りだったので、思わず写真を撮っていたボクは体操しそびれてしまいました・・・ (-_-;)

楽しく笑って、感動して涙がポロリとこぼれて、最後にほんわりと暖かいものを胸に残してくださったセミナーの2時間は、本当に あっっっ! という間で、このまま3時間でも5時間でも聞いていたいなぁ・・・ また機会があったら ぜひぜひ参加したいなぁ・・・ という余韻を残してくれるものでした。

喜んで、お役に立って、喜んでいただく

その山内スピリットは、ボクの心の中のビジネススタイルをうまく一言にまとめてくださったのかと思いたくなるような名言として、これからのボクの人生をささえてくれそうです。

懇親会は「てまひまや」で大盛り上がりし、藤井酒造さんの関係者ということで山本さんが差し入れてくださった超おいしい日本酒【 龍勢 】を味あわせていただいて、こちらもあっという間にシンデレラタイム。

12時を少しまわった頃に、盛大な第2回非凡塾の幕を引くことができたのでした。

ほんとにサイコーー!!の夜を過ごさせていただきました。
山内先生、ともに時間を過ごした皆様、ありがとうございました!

また次回 お会いできる日を楽しみにしているボクなのでした。。。
[PR]
by hirfi | 2004-11-20 11:30 | 自己啓発

廣島非凡会!

昨夜は待ちに待った廣島非凡会!
首を長くして待っていた方も多いことと思いますが、期待に応えて余りある手ごたえをいただいてい帰りました。

私も当日スタッフの1人として受付のお手伝いをさせていただきましたが、手際が悪くて長蛇の列になってしまい、皆さんをお待たせして申し訳なかったです。 (-_-;)

さてさて 昨日の廣島非凡会は3部構成+懇親会という豪華4点セット。

a0033428_11295561.jpg
第1部:武沢信行先生 
「非凡会とは?」「志」があなたを変える



a0033428_11315623.jpg
第2部:福原勘二さん 
自らがワクワクせずして、お客様を感動させられるか!



a0033428_11321595.jpg
第3部:ディスカッション
広島における「志」とは?

という素晴らしい内容でした。


第1部はメルマガ「がんばれ社長!」や「勝ち抜く経営者の絶対法則」などでおなじみの経営コンサルタント 武沢先生、第2部は広島にこの人ありと言われるカンドーコーポレーションの福原社長、それぞれは約45分という短い時間でしたが、情熱がほとばしる熱いスピーチが炸裂して、それはそれは濃くて深~い・・・トルココーヒーのような熱くて濃密な時間をいただけたという感じです。

More
[PR]
by hirfi | 2004-09-23 11:45 | 自己啓発