広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

古民家でくつろぐ 廿日市の「蔵」

日曜日は、ボクのコーチのジュディ&アーサーのご夫妻からのお誘いで食事会。

前日に地図がFAXされたのを見てびっくり!
なんと 廿日市の郊外のお店だったのね。

わがままを言って 宮内串戸駅前の「かわもと珈琲舎」さんから車に便乗させていただき、でかけました。

込み合うバイパスからちょっと入るとそこは、驚くほどのんびりした住宅街。
a0033428_20413495.jpgそんな中に忽然と白壁が現れました。

をを! すごいお屋敷だ!!
と思ったら なんと、ここが今日の会場である
 「旬菜 蔵」 さんでした。

なんと言うか どっしりと風格のあるお屋敷ですが、どこにも看板がなくて、全然お店には見えないの。


a0033428_20463758.jpg恐る恐る中に入ると、玄関も素敵!!

これは玄関に入った正面。

a0033428_2052327.jpgこちらはいい感じの天井。

古民家をとても丁寧に、きれいに再生されていて、それはそれは風情があるのです。
建物自体は古いけど全体をリフォームされていて、トイレなんかは最新の設備になっていたので驚いちゃいました。

ホントはもっと写真を取り捲りたかったんだけど、今回は便乗メンバーだったのでちょっぴりご遠慮。

ここはお料理がコースしかないらしい。
昼のコースと夜のコースで、月変わりでお任せメニューになっているんだって。
こだわりまくって選ばれた素材と、手作り風の味のある器でそれはそれはおいしい和食のコースだったですヨ。

ぜひとも行ってみたい! と思う方はクリックしてね


食事もさることながら、この日のメンバーは面白い方ばかり。
なんと言っても 「倉敷珈琲物語」をWEB上に書き上げた著者のタカシさんのお話は圧巻で、まるでとても面白い小説を目の前で読んでいただいてるよう。

あんまり話が面白くて夢中で聞いていて、せっかくの料理がちょっぴりお留守になったのが残念でした(きれいに全部食べてたけどネ・・・)。

初めて訪れたのに、なぜかとてもくつろげるおばあちゃんの家にいるみたいなゆったりした場所で、ほとんどが初対面の方だったのに ゆっくり楽しみながら ほっぺたが落ちそうなご馳走の数々をいただく・・・ 思いがけない珠玉の時間をプレゼントしてもらいました。

ジュディさん、最高のプレゼントをありがとう!!
とてもシアワセな日曜日を過ごさせていただきました。 (●^o^●)
[PR]
by hirfi | 2006-05-24 21:18 | ご近所ぐるめ