広島のぷくっとした食いしん坊のおいしい日々です


by hirfi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

友達が本を書いた!

夢の実現

ボクの友人に船崎さんという人がいます。
経済レポートの記者から独立、今は広島eマガジンというメルマガを1年365日発行されていて、なんとこれが1日たったの10円という安さで、広島在住の経営者・起業家には必需品じゃないかと思うくらい濃い内容のレポートが毎日毎日届いています。

彼の旺盛な取材力、顔の広さ、毎日書き続ける粘りなど、その熱い姿勢にはいつも感動を覚えちゃうくらいなのですが、とうとうその彼が最近本を出版しました。

広島eマガジン・インタービューブック
「道を歩む素敵な仲間達」(文化評論発行・定価1,000円)


という本です。

ここに登場する1人の建築家 八納さんもまた、ボクの友人です。

明日会うことになっているので、その時に本を分けてもらうつもりでいたのですが、一足早く書店に彼の本が並んでいるらしい・・・

友人が作家になったってなんだかちょっと誇らしい気分。

自分も頑張らなくちゃって気分にさせてもらえる。

本のキャッチコピーである

あなたにとって成功とはなんですか?
そろそろあなたの歩むべき道をみつけませんか?


という言葉がズシンと心にしみこんでくる。

ボクは自分が歩むべき道をみつけた。
でもどう歩むかを決めかねて、
なかなか一歩を歩みだせずにグズグズしていて、
とりあえず食べられる程度の仕事をしながら毎日を過ごしている。

船崎さんはボクに会う度に、
「どうしてやんないの?
 何が邪魔するの?
 いつまでぐずぐずしているの?」

と 熱い口調で問いかけてくれる。
明日会ったらまた、ボクは答えに窮することになる。

おい、ぷくよぉ、いい加減そろそろ歩き出そうぜ!
オマエこのままでいいのかよ?

きっかけは自分で作るものなのに、なかなか踏み切れず、踏み切り台の上で小さくジャンプし続けている情けないボクがここにいる・・・
[PR]
by hirfi | 2004-10-14 08:40 | 素敵な仲間